カラコンでおしゃれ万歳

8ヶ月ぶりの眼科検診。本当は三か月毎に、処方されてる眼薬が無くなるころが目安で受診するべきなのだが。ここのところいろいろあった。彼氏にためたお金を持ち逃げ。なんというバカな私なんだ。あれは支払いに回すお金なのに、まさに傷口に塩だ。たくさんの消費者金融から借りてしまったので、先輩に審査の通りやすいおまとめローンを教えてもらう。彼女も経験者。彼女がカラコンを教えてほしいというので、お礼に教えてあげた。

グラムカラコンのネットサイトを覗けば、乙女心を擽る盛ってるフレーズ。目がクッキリ、可愛い印象は必然。決め台詞は4項目に分けられていると感じる。ブランド商品、モデル仕様、カラーバリエーション、豊富なサイズと。58種の商品名の羅列は若葉マークの自身にはチンプンカンプン。有名モデルの使用する仕様商品に関しては数名のモデルさんが判別できるに止まり。微妙なカラートーンからクッキリタイプなど、サイズに関しては13.8㎜~14.8㎜との表示。乙女心の楽しい悩み!

しかし、先輩よ!このコンタクトレンズは間違った使用により身体に重大なリスクが伴うため、高度管理医療機器であります。眼科の待合室にはコンタクトレンズに関しての啓発パンフレットが目に付く。ざっと3,4冊を手にする。レンズメーカーが眼科医監修のもと発行してるものだ。4つのルールを挙げています。眼科医の検査・処方をうけること。装用方法厳守。定期的に目の検査。適切なレンズケア。オシャレをするにはそのリスクは致し方ない。自身も幾つか経験があります。しかしながら眼はいけません。極端、失明に至る。グラムさんのネットサイトもそのことに関しては項目を設けているし、高度管理医療機器取扱い許可も得ている。こんなことも踏まえて先輩には大いに悩みオシャレしてほしい。