三菱東京ufj銀行の2つのカードローン

三菱東京ufj銀行のカードローンは2つあります。まずは急な出費に強い味方であるバンクイックです。

バンクイックのメリットは最短30分で審査回答してくれる、口座も収入証明書も不要、ATM利用手数料、初めての利用でも安心の返済サポート、銀行ならではの金利です。

バンクイックはテレビ窓口や電話でも申し込みができます。返済はATMでの返済や振り込みでの返済もできますが、三菱東京ufj銀行に口座があると、口座からの自動返済もできるので返済を忘れることがなく便利ですね。

もうひとつのカードローンは自動融資機能で家計口座をバックアップしてくれるマイカードプラスです。もし公共料金などの引き落としのときに残高不足だった場合に不足分を自動で融資してくれます。

忘れっぽいかたには便利な機能ですよね。また利用限度額が30万円と低めです。ATMやインターネットバンキングでの借入、返済が可能です。キャッシュカードがそのまま使えるのも便利ですね。

 

過払い金は借金潰れのバックネットか

武富士などの消費者金融から多額且つ多数のローン、即ち借金を抱え過ぎていて自分では一体どこからナンボ借りているのかさえ、分からなくなってしまったというケースも考えられるでしょう。

消費者金融や銀行などによって支払う時期は月の中日だったり、月末だったりでバラバラなことが多いです。こうなってくると頭が混乱するのも頷けます。

そして返せなくなり最悪の場合は自己破産ということも考えられます。でも、その前に一度弁護士などに相談する手もあるのではないでしょうか。もしかしたら過払い金があるかもしれないからです。

特に上野動物園にパンダのフェイフェイが、まだいた時期の金利は今よりも、はるかに高いので、20年以上前から返済し続けている人はかなりの確率で対象になり、そうでなくても、5年以上のケースでも過払い金が戻ってくるケースもあるみたいです。

もし、これで過払い金があることが分かれば、大分返済は楽になります。これはある意味自己破産のバックネットなのかもしれません。

 

訃報などでしばしば活用される借用書

訃報などの事情で、お金のやりとりが行われる事例は、たまにあります。時には代理人などに、費用を立て替えてもらう局面もあるでしょう。

ところで貸し借りが行われた時には、書面で契約に関するお断りをしておく必要があります。間違いなく金銭契約が結ばれたという事実を、書類で残しておく必要がある訳です。いわゆる借用書が発行される事になります。

そういう書面は、もちろん同意を求める事が前提になります。上記内容に不服がなければ、捺印して下さい等と記載されるケースがほとんどです。もちろん捺印でなく、同意者のサインなどでも問題はありません。特に決まったフォーマットは無いのです。

ただ初めてそれを作る人々は、たまに困惑してしまっています。そもそも、盛り込まべき項目などが分からない事もあるでしょう。箇条書きにしたいと思っても、具体的な要素が分かりづらい事もあります。

そういう時は、やはり例文の参照が推奨されます。WEBでも例文は掲載されていますから、見ておくと良いでしょう。